防衛省 電子攻撃機の開発へ

昨年12月に閣議決定した防衛大綱の内容で、敵のレーダーや通信を無力化する「電子攻撃機」を開発する方針を決定した。
具体的には、海上自衛隊の哨戒機「川崎P-1哨戒機」と航空自衛隊の輸送機「川崎C-2輸送機」に電波妨害装置を開発搭載する。

「川崎P-1哨戒機」は操縦の制御に妨害電波の影響を受けない光ファイバーを使用しており、 電気信号を使う他の航空機に比べ、電子攻撃機として高い能力を発揮することが期待されている。

新たに開発する電子攻撃機は、空中で広い範囲に妨害電波を照射し、相手の航空機や艦艇などをつなぐ通信ネットワークやレーダーを無力化させ、 戦闘ができない状態に追い込むことを狙っている。
(引用:大手新聞記事)

下の参考動画は川重岐阜工場で世界初、二機同時開発の[P-X][C-X]のロールアウト



レーダー照射された「川崎P-1哨戒機」を国産自主開発した川重・岐阜工場メンバー

広告
カテゴリー: 横G | コメントをどうぞ

ワールドカップ女子ジャンプin蔵王

クラレ蔵王シャンツェで18日から20日に開催される「ワールドカップ女子ジャンプ」、昨日・今日と札幌大倉山シャンツェでは日本チーム残念ながら優勝出来ませんでしたが、蔵王では団体戦もあるので今シーズンの優勝を!。応援に行きますよぉ~(^^)

カテゴリー: 横G | コメントをどうぞ

F-2戦闘機とT-4ブルーインパルス6機編隊

この日はF-35A戦闘機も撮れ大満足な松島基地でした (^^)

F-2 戦闘機
Kawasaki T-4 ルーインパルス
F-2戦闘機
カテゴリー: 横G | コメントをどうぞ

次期ステルス戦闘機「F-35A」

航空自衛隊・松島基地に4機飛来しました。今年の初撮りで「F-2戦闘機」「ブルーインパルス」を撮影後、偶然4機飛来、以前からF-35を撮りたいと思っていて、三沢基地まで行こうかな?と。いいお年玉になりました (^^♪。

松島基地に飛来した[F-35A]ステルス戦闘機
見応えありました (^^)v
スライドショー
カテゴリー: 横G | コメントをどうぞ

折り鶴

孫たちと・・・(^^♪

波紋形状の薄氷と鯉もフリーズ?(笑)
折り鶴

孫と折り鶴
カテゴリー: カメラ, ブログ, ファミリー&フレンド, OM-D, photo, sendai, Travel, 旅行, 横G, 横G | タグ:

いよいよ発表か…E-M1X

昨年から噂されていたオリンパス「創業100周年」記念モデルがHPに公式のティーザー動画として公開された!。どう言う確定スペックなのか楽しみですが、噂では

  • 型式名はOM-D E-M1X
  • E-M1Xの処理速度はE-M1 Mark II の2倍(2コア)になる
  • ハイレゾ:手持ちで1/60秒で80MP前後のハイレゾ画像が撮影可能
  • センサーは20MP(グローバルシャッターではない)
  • EVFがより大型化される
  • 連写速度は18コマ/秒(AF/AE追従)
  • 7.5段の手ブレ補正
  • カメラ本体にNDフィルター
  • バッテリーはE-M1 Mark IIと同じ
  • アダプティブAFの採用
  • ボディサイズ:144.37 x 146.765 x 75.345mm(縦位置グリップ一体型)
  • 得意対象:スポーツや野生動物の撮影
  • 価格は3000ドルに近い
  • 発表は2019年の1月24日にProレンズ共に発表される。
  • 発売は2月か?
カテゴリー: 横G

火器レーダー受けた海自「川崎P1哨戒機」の最新映像+韓国国防省の反論動画

12月28日、防衛省が公開したP1哨戒機は国際法や国内関連法令で規定されている高度及び距離以上で飛行している。 動画はyoutubeより。

引用:防衛省HP

今日(1月4日)韓国国防省から反論動画が公開されましたが、海自が撮影した映像を多用おり、youtubeであればなぜ自動翻訳させないのでしょうか?youtubeの使い方を知らないのかな?…ようやく和訳を付けたが遅いでしょ!。BGM付きでドラマ仕立て?(嘲笑)。下の韓国動画にコメントがあっと言う間に5万件オーバー。

ともかく、疑問だらけですね ↓↓↓

① なぜ日本のEEZ(排他的経済水域)内で救難信号を出してもいない目前の
北の漁船を韓国の駆逐艦が救助???しているのか。

② 韓国の艦船は、なぜ日本のEEZ内で活動しているのか。なにか見られてまずい行為をしていたのか。

③ 当初、「すべてのレーダーを起動したら、たまたま哨戒機に当たった」としていた のに、なぜ途中から「照射していない」と主張事実を変えたのか。

④ 直ぐ近くに北朝鮮の船がいて救助中なのに、「捜索のためのレーダー」がなぜ必要だったのか。

⑤ 説明が、時間が経過するごとに二転三転している理由は何か。

⑥ 2014年に合意された「海上衝突回避規範(CUES)」には韓国を含む21か国が参加し、その中で絶対にやってはならないと確認している火器管制レーダー照射がおこなわれた理由は何か。

⑦ 哨戒機の飛行に脅威を感じたなら、「海上衝突回避規範」で確認されている
「無線」での連絡・警告をなぜおこなわなかったのか。

⑧ 聴き取れなかったと主張する自衛隊からの無線連絡は、韓国側が公表した映像でもはっきり聴き取れる。これに応答しなかった理由は何か。

⑨ 日本と韓国は、北朝鮮への国連の経済制裁によって“瀬取り”を監視しなければならない立場である。今回の韓国の行為は、それに合致したものなのか。

この様にネット上に盛り沢山の疑問が・・・。

カテゴリー: 火器管制レーダー, 防衛, 防衛, 横G | タグ: