川重、宇宙ゴミ除去で三井物産と東京海上と協業合意

川重・三井物産・東京海上の3社は、宇宙ごみ除去ビジネスモデルの構築を目指すとともに今後も宇宙ビジネスの発展と安全な宇宙空間の利活用に協業し積極的に貢献していく。

この協業では各社の強みを活かし宇宙ごみ除去市場の創出のためのスキーム構築のほか、法整備や国際協調などの実現に向けた働きかけを行い、宇宙ごみ除去の技術やビジネスモデルを応用し、今後10年で市場規模が30億ドル超になると予測される人工衛星向け軌道上サービス(燃料補給/修理改修/軌道離脱/救出など)の事業性の検討を開始。

川崎重工:宇宙分野の実績および宇宙ごみ除去に関する知見
1980年代から宇宙機器の開発・製造を手掛ける国内有数の宇宙機器メーカーで、2011年から宇宙ごみ除去技術の研究を始め、2019年10月には宇宙ごみ除去衛星の運用地上局を岐阜工場に設置し、2025年度の宇宙ごみ除去サービス商用化を目指している。

三井物産:宇宙分野におけるマーケティング力・事業開発力
宇宙分野を新たな注力領域と位置付け、米国を中心にロケット相乗り事業や衛星画像と、AIを組み合わせたインテリジェンス・プラットフォームを展開するSpaceflight Industries社などの宇宙関連企業への投資に取り組み、今回本件を通じて宇宙ごみ除去や軌道上サービス分野の検討を進めていく。

東京海上:宇宙分野におけるリスクマネジメントの実績および知見
創業以来、社会課題を解決すべく、あらゆるリスクに対する保険やサービスを開発・提供し、宇宙産業に関する分野では1970年代より宇宙保険の提供を開始し、現在に至るまで宇宙ビジネスに関わる保険商品や関連サービスを提供、今後は宇宙ごみ除去という社会課題に対して保険商品の開発を進め宇宙環境の改善にも貢献していく。

人工衛星向けサービスは今後10年で市場規模が30億ドル超になるとの予測もあり、宇宙ごみ除去と同様に市場化への期待が高まりそうだ。

カテゴリー: 横G | コメントをどうぞ

日本初の防衛・セキュリティ総合展示会が開催された

過日(9月13日)にもブログで記してますが、千葉市の幕張メッセで3日間にわたって開かれる見本市には、 国内からおよそ60社、海外からおよそ90社が出展しています。

陸海空の防衛装備品や最先端の技術などを国内外の企業が展示する日本で初めての総合的な見本市が18日から始まりました。

防衛省によりますと陸海空から宇宙、サイバーの分野までカバーする総合的な見本市が日本で開かれるのは初めてです。

千葉市の幕張メッセで3日間にわたって開かれる見本市には、国内からおよそ60社、海外からおよそ90社が出展しています。

この動画、ものの見方がとても解りやすい動画ですね。
カテゴリー: 横G | コメントをどうぞ

川重、水素社会構築で世界をリード

日本の水素エネルギー開発計画は川崎重工が世界をリードしており、2020年代半ば迄に商用化実証を行い、2030年ごろの商用化に向けて着々と準備が整いつつある。

川重播磨で水素液化機の3000時間連続運転試験に近く着手するほか、来月(12月)に川重神戸でも水素運搬船の進水式を行い、2020年秋に完成し、荷役基地も神戸空港島に建設中で、2020年6月めどに試運転の技術実証に入る。

川重神戸で世界初の液化水素運搬船を建造中

価格が一般的な石炭の10分の1程度と安価な豪州産の褐炭を利用し液体水素を大量製造し、 マイナス253度Cの極低温で体積を800分の1に圧縮して液化水素を作り、ステンレス製二重殻真空断熱容器を採用した運搬船で豪州から日本に運ぶ。

神戸空港島に川重で建設中の液化水素基地

欧州勢(オランダやノルウェー)も水素利用のロードマップ構築に乗り出しており、国際開発競争が加速している。

動画は国立研究開発法人 新エネルギー産業技術総合開発機構のyoutubeチャンネルより

カテゴリー: 横G | コメントをどうぞ

Kawasaki ジェットスキー 2020モデル発表

今回発売する「JET SKI STX 160X」と「JET SKI STX 160LX」は、2004年に発売した「JET SKI STX-15F」を15年ぶりにフルモデルチェンジした後継機で、1997年の初登場以来、3人乗りジェットスキーとしてロングセラーを続けているSTXシリーズの特長であるハイパワーエンジンと、軽量・コンパクトな艇体に加え、高い操縦性を維持しながらライディングの向上のためのさまざまな運転支援機能や装備を搭載しました。

1.主な特長

□エンジン関係

・ハイパワーな水冷4気筒DOHC4バルブ(1,498㎤)を搭載し、燃料供給はフューエルインジェクションを採用することで 鋭いスロットルレスポンスを提供。ハイパワーと扱いやすさだけでなく、優れた環境性能も有しています。
・新たなボディワークにより効率よくスペースを確保し燃料タンク容量を62Lから78Lへ拡大し、クラス最大級の容量を 実現しています。燃費性能のよいエンジン特性との相乗効果で、より遠くより長時間のライディングが可能となりました。

□船体関係
・STXシリーズの高い直進走破性が特長のハルを採用したことで、ハンドリング性能・コンパクト化をバランスよく実 現しています。
・艇体の全高を上げ、バンパー後部を延長することで、滑らかさと躍動感をもったスポーティーなデザインとしていま す。
・トリプルカワサキスプラッシュディフレクターが走行中にライダーにかかる水しぶきを最小限に抑え、快適なライデ ィングを提供します。
・艇体の周囲を覆うバンパーの下部にフィンを設置することで、常に高い整流効果を発揮し、走行の安定性を高めてい ます。

□電子制御システム(運転支援システム)
・スロットルレバー部にアクセルポジションセンサーを採用したことにより、操作荷重の大幅な低減を実現。初心者か ら上級者まで扱い易いスロットルレバーとなっています。また、クルーズコントロール機能を併用することで、長時 間ライディングでのアクセルワークに関わる疲労が低減されます。
・エレクトロニック・クルーズコントロール機能が付帯されており、ライダーが任意で速度(エンジン回転数)を設定 することができ、快適なクルージングが楽しめます。本機能有効中はスロットルレバーを完全に握りこんだ状態(= 全開位置)でも指定速度(エンジン回転数)のまま走行が可能です。
・スマートラーニングオペレーションモードにより、エンジン出力を通常よりも低く抑えることができ、初心者の効率 的な操艇技術の習得をサポートします。

カテゴリー: 横G | コメントをどうぞ

空自 松島基地で写真動画撮り

9月から撮影した写真及び映像をアップ、写真は13.NOVに撮影。

カテゴリー: 横G | コメントをどうぞ

海自公式youtubeに潜水艦進水式映像アップ

川重神戸にて、潜水艦「そうりゅう」型の12隻目であり、戦後の神戸工場での建造潜水艦としては29隻目 潜水艦〖「512番艦」とうりゅう〗と命名され進水式が行われた映像。

カテゴリー: 横G | コメントをどうぞ

町内の艶やかな紅葉

カテゴリー: 横G | コメントをどうぞ