〖羽生結弦〗伊達を生きる

雨降りの「片平写真倶楽部 5月例会」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

広告
カテゴリー: 横G

カラスの知恵

青葉城跡の周辺で、今までに何度かカラスがクルミを車に引かせて割ったり上空から落として割ったりしているのを見たことあったが、映像で捉えたのは初めてでした。

カテゴリー: 横G

トンネルのお話

‶トンネル〟日頃お世話になっているが考えたこともなく、せいぜい落語の「地下鉄ってどこから入れるの?」程度。昔、土俵上とトンネルに女性は立ち入れなかったが、2007年 女性技術者達による社会運動で規制緩和によりトンネルはOKだが、いまだ土俵だけはダメ?。

記憶に残るイギリスとフランスをつなぐ海底トンネル【ドーバー海峡鉄道トンネル】が1991年に貫通したが、これに挑んだのは川重・土木機械設計課の若い設計技師達で、世界で最も難しいと言われる日本の地下を掘り続けている技術者達。

英仏ドーバー海峡海底鉄道向けに掘削断面径8.78メートルのトンネル掘削機2基を受注し、詳細設計に入り、リーダーの宇賀氏と仲間の佐古井氏は100人の技術者を総動員して最先端技術を駆使したマシーンを製造しトンネル完成する。

国内では、日本最大で20世紀最後の大プロジェクトと言われた東京湾アクアラインが1997年に開通しましたが、東京湾アクアラインの建設では川崎側の海底トンネルに川重製3基のマシンで直径が14メートルと世界最大級。

現代のインフラ建設に欠かせないトンネル工事=シールドマシンはありとあらゆる地中土壌にも対応しており、すでに世界中で1,400基を超えるシールドマシンが川重・播磨工場(昔・研修で寮に大変お世話になりました)で製造され、アフターサービス体制含め活躍している。

仙台市地下鉄(南北線)(東西線)も同様で、東西線のシールドマシンの動画をyoutubeから添付した。

src_43951512

川重シールドマシン

カテゴリー: 横G

トリックで悩む?(笑)

ある動画を見て悩み、自分で作ってみて「な~るほど!」でした(笑)。

カテゴリー: 横G

おばかなテイクオフ(笑)

良い子は真似しないように(笑)。スペイン・アンダルシアでのアクロ(youtubeより)

カテゴリー: 横G

いよいよ川崎RC-2電波情報収集機

国産初の電子偵察機がテスト飛行している映像がyoutubeアップされている。
川重・岐阜工場の脇をタキシングしてるのも見えますが、この情報の発端は8日、アメリカ・ディフェンス・ニュースが報道した模様。

この機体、今まではP-1哨戒機の派生型と噂されていましたが、川崎C-2輸送機を改造し、今年2月に試作機体のようですが、機体の上下左右いたる所に何やらこぶ状の多数のセンサー装備している様子が見える。

機首、機首下、前部・後部胴体側面および上面、尾翼上、尾部にアンテナを装備.
どうやら将来の「電子測定機搭載システム」(ALR-X)が採用される事になるようです。

今後さらにP-1改修の早期警戒機とか電子情報・画像情報偵察など
派生型の研究も行われることになるでしょう。

航空ファンの皆さんスクープ映像にもなるのでカメラシャッター音も凄いし、
youtubeへの動画アップも沢山出てきましたね~(笑)。

電子偵察機 RC-2

川崎 RC-2 電波情報収集機

カテゴリー: 横G

川重 潜水艦第四ドック

川重・神戸工場に増設中だった潜水艦用第四ドックはもう稼働してるんですね。
この動画に中仕切りも見え、潜水艦2隻同時の定期整備もこれで可能に。

来年度中には潜水艦乗組員用滞在施設も完成し、神戸工場は官需(潜水艦+艦艇)にシフトし、民需用造船は坂出工場になるのかな。

第四ドックに入っている潜水艦は2月に入渠したものですね(下の動画)

工事中の第四ドック

第四ドック工事中

カテゴリー: 横G