貴重な戦闘機『研三(ケンサン)』の映像発見

この戦闘機「研三」は昭和18年12月に時速699.9kmという今も破られていないプロペラ機の国内最高速度を記録しました。

Kawasaki 【研三】

第2次世界大戦中に世界最速の飛行機を目指して秘密裏に開発が進められた「研三」と呼ばれる研究機の映像記録や設計に関する資料が残されていることが「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」などの調査で分かりました。

映像は国内最高速度を記録した時のもので、飛び立つところから着陸してパイロットが降りるまでの様子が5分半ほど記録され、また、設計に関する資料などが約200点も発見、更に速度を出すためにジェットエンジンを搭載する計画があったことを示す仕様書も見つかった。

「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」の水野氏は「戦時中の研究資料は焼却されてしまうので、こうして残っていること自体が奇跡のようで、当時の開発の様子が分かる貴重な発見だ」と。これらの資料は2月8日から「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」で展示されます。

yokoG について

Photo and video editing is hobby. I have enjoy to youtube and vimeo.
カテゴリー: 横G パーマリンク