Kawasaki ジェットスキー 2020モデル発表

今回発売する「JET SKI STX 160X」と「JET SKI STX 160LX」は、2004年に発売した「JET SKI STX-15F」を15年ぶりにフルモデルチェンジした後継機で、1997年の初登場以来、3人乗りジェットスキーとしてロングセラーを続けているSTXシリーズの特長であるハイパワーエンジンと、軽量・コンパクトな艇体に加え、高い操縦性を維持しながらライディングの向上のためのさまざまな運転支援機能や装備を搭載しました。

1.主な特長

□エンジン関係

・ハイパワーな水冷4気筒DOHC4バルブ(1,498㎤)を搭載し、燃料供給はフューエルインジェクションを採用することで 鋭いスロットルレスポンスを提供。ハイパワーと扱いやすさだけでなく、優れた環境性能も有しています。
・新たなボディワークにより効率よくスペースを確保し燃料タンク容量を62Lから78Lへ拡大し、クラス最大級の容量を 実現しています。燃費性能のよいエンジン特性との相乗効果で、より遠くより長時間のライディングが可能となりました。

□船体関係
・STXシリーズの高い直進走破性が特長のハルを採用したことで、ハンドリング性能・コンパクト化をバランスよく実 現しています。
・艇体の全高を上げ、バンパー後部を延長することで、滑らかさと躍動感をもったスポーティーなデザインとしていま す。
・トリプルカワサキスプラッシュディフレクターが走行中にライダーにかかる水しぶきを最小限に抑え、快適なライデ ィングを提供します。
・艇体の周囲を覆うバンパーの下部にフィンを設置することで、常に高い整流効果を発揮し、走行の安定性を高めてい ます。

□電子制御システム(運転支援システム)
・スロットルレバー部にアクセルポジションセンサーを採用したことにより、操作荷重の大幅な低減を実現。初心者か ら上級者まで扱い易いスロットルレバーとなっています。また、クルーズコントロール機能を併用することで、長時 間ライディングでのアクセルワークに関わる疲労が低減されます。
・エレクトロニック・クルーズコントロール機能が付帯されており、ライダーが任意で速度(エンジン回転数)を設定 することができ、快適なクルージングが楽しめます。本機能有効中はスロットルレバーを完全に握りこんだ状態(= 全開位置)でも指定速度(エンジン回転数)のまま走行が可能です。
・スマートラーニングオペレーションモードにより、エンジン出力を通常よりも低く抑えることができ、初心者の効率 的な操艇技術の習得をサポートします。

yokoG について

Photo and video editing is hobby. I have enjoy to youtube and vimeo.
カテゴリー: 横G パーマリンク