川重、バンコク地下鉄向けシールド掘進機3機を納入

2021年の完成目指してバンコク中心部の交通渋滞緩和のために新設される地下鉄オレンジライン(全長約39.5km)の第一期工事イーストセクションに投入され、E01工区(約4.2km)とE02工区(約2km)の各上下線、合計12.3kmを掘削します。

川重のシールドマシンは世界中に1400機以上の実績があり、世界記録を残した英仏海峡海底トンネルや 東京湾アクアマリンなど枚挙にいとまがない。

今回のシールドマシンはバンコクの軟弱な地盤に有効な泥土圧式(直径6.58m)で、軟弱土層の掘進に用いられるシールド掘進機の技術を基に地下水圧を保持した状態で掘削土を排出できるスクリュウコンベヤの採用や地中のコンクリート残置杭を切削するためのカッターヘッド回転動力の増強、カッターヘッド後方から交換可能な特殊なカッターの装備など、工区特性に適した仕様にしています。

川重の高い技術力と難易度の高い条件での豊富なトンネル掘削の実績が高く評価されたもので、バンコクでは地下鉄オレンジライン第二期やパープルライン延伸線(約23.6km)など地下工事の増加が予想され、今後もシールド掘進機の発注が見込まれ、またシンガポール、インド、ベトナム、中近東などでも地下鉄建設工事が計画されており、アジア市場全体で中長期的に安定した掘進機需要が見込まれている。

yokoG について

Photo and video editing is hobby. I have enjoy to youtube and vimeo.
カテゴリー: 横G パーマリンク