川重「発電船」開発でノルウェーから承認される

ノルウェーの「DNV GL」とは、船舶の設計などを検査する船級協会で世界有数の組織で、発電船の設計が規則に適合しているかどうかを審査され承認を得た。

今回承認を得た発電船は3万キロワット級の発電機を搭載、1隻あたりの価格は150億~200億円程度を見込み、川重は8万キロワット級などの発電能力を持った大型発電船の設計でも承認を取得し受注拡大を狙い、2022年度以降は発電船全体で年間3~6隻の受注をめざしている。

完成予定図

発電船は台船に発電機や液化天然ガスタンク、送電設備を一体で設置するもので、造船所で建造し、そのままえい航して消費地近くの海上に設置し電力の安定供給するもので、電力インフラ整備が途上な新興国で素早く導入できる新電源として期待されている

yokoG について

Photo and video editing is hobby. I have enjoy to youtube and vimeo.
カテゴリー: 横G パーマリンク