命を救う『航空救急』ドクターヘリ

平成19年6月27日法律第103号で『救急医療用ヘリコプターを用いた救急医療の確保に関する特別措置法』が制定されており、 救急医療用の医療機器等を装備したヘリコプターで、医師および看護師が同乗し救急現場等に向かい、 現場などから医療機関に搬送するまでの間、患者に救命医療「航空救急」を行うことができる専用ヘリコプターで、1回の出動で40万円程ですが、遠方地までの飛行では概ね120万円程度かかります。

主な装備は、ストレッチャー/患者モニター(心電図・血圧・脈拍・血中酸素飽和度)/体外式人工呼吸器/ 自動体外式除細動器(AED)/輸液ポンプ/シリンジポンプ/携帯型超音波診断装置など等で、 「ドクターヘリ法5条2項」で、都道府県の枠にとらわれずにドクターヘリ事業を実施できるよう 複数の都道府県で協議することも可能になっている。

広告

yokoG について

Photo and video editing is hobby. I have enjoy to youtube and vimeo.
カテゴリー: 横G パーマリンク