川重 機関車製造5000輌 達成

川重は20日、機関車の製造が累計5000両に到達したと発表し、兵庫工場で記念式典を開催、川重車両カンパニープレジデントである 本川常務ら同社の関係者に加え5000両目の納入先であるJR貨物の役員も含む約150人が式典に参加した。

記念すべき機関車5000両目は「桃太郎」の愛称で親しまれている電気機関車「EF210」でJR貨物殿向け電気機関車で、直流電気機関車EF210形式は東海道線や山陽線などで活躍するJR貨物の主力機関車です。

最近ではJR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」向けにも電動式ディーゼル機関車として納入しており、日本の鉄道車輛のリーディングカンパニー。

川重・兵庫工場は1906(明治39)年に開設され、110年以上の歴史がある工場で、これまで90,000輌以上の鉄道車輛を製造し、 機関車の製造は1911(明治44)年に鉄道院に納入した6700形式蒸気機関車に始まり、国内初の電気式ディーゼル機関車であるDD10形式や パナマ運河庁向け曳船用交流電気機関車、北海道内の貨物輸送を中心として活躍しているJR貨物DF200形式電気式ディーゼル機関車など、 世界中のクライアントに納入している。

yokoG について

Photo and video editing is hobby. I have enjoy to youtube and vimeo.
カテゴリー: 横G パーマリンク