川重、宇宙デブリ捕捉衛星に参入

川重は2020年に宇宙ゴミ(スペースデブリ)捕獲用の小型衛星事業に参入。人工衛星や宇宙機器が衝突破壊される恐れがあり、宇宙空間で追跡可能な国際的に対策が求められている宇宙ゴミは17000個以上あると言われるものを、川重は国家プロジェクトに参画する形でロケット上段を除去の対象として捕獲システムを開発中。

実証試験では縦60cm×横60cm×奥行き80cm級の超小型衛星に疑似デブリを取り付け、宇宙空間で放出し、再び捕獲する計画で、小型固体燃料ロケット「イプシロン」で打ち上げる革新的衛星技術を実証する計画だ。

宇宙ゴミをめぐり政府は宇宙開発計画の実施方針を示した「宇宙基本計画工程表」の改訂版で基本的な取り組みの方向性を整理する見通しで、日本と英国の政府間で宇宙ゴミ対策の協力覚書「日英宇宙デブリ産業イニシアチブ(MOU)」に署名している。

川重としては今後、航空機・宇宙機器を手がける岐阜工場(岐阜県各務原市)に、衛星に指令を送るためのアンテナを取り付ける予定で、現在の基幹ロケット向けのフェアリング及び衛星出装置に次ぐ、宇宙事業の柱に育てていく考えらしい。

川重 P-1哨戒機+C-2輸送機と岐阜工場
川重のフェアリングと衛星放出装置

動画はyoutubeよりリンク

yokoG について

Photo and video editing is hobby. I have enjoy to youtube and vimeo.
カテゴリー: 横G パーマリンク