新造 LNG船 引渡し

8月31日、川重・坂出工場にて新造LNG船「遠州丸」の引渡しが行われ、中部電力株式会社殿代表取締役会長ほか大勢のご来賓を迎え盛大に執り行われました。

このLNG船はエルエヌジー・マリン・トランスポート㈱の運航管理下で㈱JERA向けに投入され、米国テキサス州フリーポートLNGプロジェクトのLNG輸送などに従事し、我が国のエネルギーの安定輸送に貢献します。

キャプチャ

川重 坂出工場にて

本船の特徴は、「1」4個のモス型球形独立LNGタンク4基合計で165,257㎥の貨物タンク容積を有する大型LNG運搬船で、「2」LNGタンクの防熱システムは独自開発した川崎パネル方式を採用し、高い防熱効果によりLNGの蒸発率を約0.08%/日以下、 「3」主機関に「川崎URAプラント」を搭載し、従来の147,000㎥型LNG運搬船に比べ25%以上の輸送効率向上を図っており、「4」貨物タンク区画は二重船殻二重底構造としLNGタンクはその内側に配置なので万一の船体損傷時でも直接タンクに損傷が及ばない。「5」操舵室は最先端の電子航海機器を集中配置して操作性の向上を図り全周に窓を配置して360度の視界を確保している「6」パワープラントは川崎アドバンストリヒートタービンプラント(川崎URAプラント)高圧タービンを回転させた蒸気を一旦ボイラに戻し、再加熱後に中圧タービンへ送り返すという再熱サイクルを採用し、熱効率を大幅に高めた蒸気タービンプラントです。

遠州丸

遠州丸の要目

広告

yokoG について

Photo and video editing is hobby. I have enjoy to youtube and vimeo.
カテゴリー: 横G パーマリンク