JR東日本の新型新幹線試験車両「ALFA-X」?

川重・兵庫工場でスッポリ覆われた車両はナニ?、これだけ目隠ししてると言うことはまだ内緒にしたい車両。JR東日本は7月4日、新幹線の試験車両としてE956形電車10両編成を新造すると発表、地上設備も含めた製作費は約100億円という。

愛称は「ALFA-X(アルファエックス)」2019年春の完成を予定し「営業運転での最高速度360km/hの可能性」を技術的に検証し、技術開発の中長期計画に盛り込んだ「次世代新幹線の実現に向けた開発」を進めるための試験車で、試験運転では最高400km/hも。
写真はJR東日本が発表したPDFファイルよりCBM(Condition Based Maintenance)状態基準保全を言う。

この試験車両の愛称は“最先端の実験を行うための先進的な試験室”を意味する「ALFA-X」と名付け、コンセプトは(1)安全性・安定性、(2)快適性、(3)環境性、(4)メンテナンス性の強化で、地震や悪天候など自然災害への対応力の改善、地震動を受けた際に強い減衰力を発揮し車両の揺れを抑える「地震対策ダンパ」や、地震発生時に車輪とレール間の衝撃を緩和する「クラッシャブルストッパ」など他にもIoTやAIの活用を積極的に取り入れる。

これを機に海外展開も見逃せず、クアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道案件では、日本と受注を競う中国がそれまで注力してきた高速鉄道駅開発案件から手を引いたことが5月3日に明らかになり、相対的に日本の存在感が高まり新型車両の開発を打ち出すことでE5系だけではない新幹線の技術力の高さを広く世界に示すという側面もあるでしょう。

さて、車両メーカーはどうなるでしょうか。

広告

yokoG について

Photo and video editing is hobby. I have enjoy to youtube and vimeo.
カテゴリー: 横G パーマリンク