ドクターヘリの人命救助

日本の空をドクターヘリが飛行して救助活動を行っているヘリコプター機種は
次の5機種で対応しています。

「川崎BK117C-2型&H145/BK117D-2型」、「イタリアのアグスタウェストランド社AW109SP型」、「米ベル・ヘリコプター社BELL429型」、「米MDヘリコプター社MD902型」、「ドイツMBB社EC135型」の5機種で行われています。

その中でも国産で最新鋭の川崎BK117C-2型及びH145/BK117D-2型はドクターヘリの他に警察用ヘリ、消防防災ヘリ、人員物資輸送ヘリ、報道ヘリなどに利用され、全世界で1,400機以上の実績を誇るベストセラー機です。

川崎H145/BK117 D-2型は優れた飛行性能を備え、新型アビオニクス「ヘリオニクス」を装備し、特に高高度、高温環境において優れた任務遂行能力と柔軟性を提供しています。

広いキャビン、コンパクトな機体と強力なエンジンにより、H145//BK117D-2は救急医療、消防防災、オフショア人員輸送、警察任務など幅広い任務に最適で、総飛行時間は480万時間以上にのぼります。

因みに、戦後初めて川重がヘリコプターの生産を行い、今では日本のヘリ産業のリーディングカンパニー。 動画はyoutubeからのリンク。

橋の上に着陸するヘリ

槍ヶ岳山荘脇に救助ヘリ着陸

川重・生産ヘリの機種

ヘリ

川重の生産ヘリの機種

広告

yokoG について

Photo and video editing is hobby. I have enjoy to youtube and vimeo.
カテゴリー: 横G パーマリンク