日本実験棟(きぼう)の小型衛星放出を三井物産

国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」から超小型衛星を放出する
民間事業者として、三井物産とスペースBDの二社に選定したとJAXAが発表した。

JAXAが行ってきた市場調査や利用者への営業活動などを両社が担い、
きぼうの利用事業を民間に開放し拡大する超小型衛星放出市場に対応する。

二社が持つ世界中のネットワークを生かし、大学や企業からの衛星放出の受注を目指し、
今迄JAXAは200機以上の超小型衛星を放出した実績で2020年迄に年間100機の衛星放出を計画。

三井物産さん(某部門)とは個人的にもお付き合いが長く、日本初JRさんのエンジンを再活用した熱電併給でJR〇〇さんと三人で東日本中を飛び駆け回った記憶が蘇ります。

因みに、写真は宇宙から見た星の光跡ですが地上から撮るのと変わりませんね。
宇宙は同じなので当たり前か!(笑)。

宇宙から見た星の光跡-1

動画は小型衛星放出の様子のyoutubeからリンク

yokoG について

Photo and video editing is hobby. I have enjoy to youtube and vimeo.
カテゴリー: 横G パーマリンク