川重の高圧水素減圧弁がベンツ車に採用

ドイツのダイムラー社のベンツ水素車「GLC F-CELL」に川重がダイムラー社・子会社のニューセルシス社と共同開発した高圧水素減圧弁が採用された。と4月23日発表された。

高圧水素減圧弁は燃料電池車に搭載する水素タンクから供給する約700気圧という高圧水素ガスを燃料電池に使用する水素と酸素の化学反応を利用して発電する装置に減圧供給する部品。

川重の地球環境に貢献する社会を目指した技術開発の水素関連事業の推進が評価されたものでしょうね。因みに、ベンツGLC F-CELL車の航続距離は500kmで水素満タン充填は3分、これは今のガソリンと同等ですね。

広告

yokoG について

Photo and video editing is hobby. I have enjoy to youtube and vimeo.
カテゴリー: 横G パーマリンク