ギネス登録されている世界一大きな扉!

実は日本の「種子島宇宙センター」にある大型ロケット整備組立棟(川重製)」なんです。
ロケットが整備されフェアリングを組立て、ロケットの最終組立をします。

川重製のロケットフェアリングはロケットの先端部、この中に宇宙ステーション補給機が搭載され宇宙ステーションに物資を運ぶ。

このフェアリングは川重 岐阜工場(岐阜県各務原市)で設計・部品製造がおこなわれ、川重 播磨工場(兵庫県播磨市)で組立完成させる。

完成後は船舶輸送で種子島に輸送され、ロケット先端部に組立て後打ち上げられ、フェアリングの分離は二枚貝が開くようにパイプが通っておりそのパイプ内の火薬が爆発し500本以上のボルトを引きちぎり分離しフェアリングを分離太平洋上に落下し回収されます。

回収後のフェアリングの実物がリニューアルオープンした「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」に展示されているので是非見てみたいものです。

因みに、種子島宇宙センターには「ロケット射点設備」、「大型ロケット整備組立棟」、「液化水素貯蔵タンク設備」、「水素ガス処理設備」、「高圧ガス噴射設備」、「フェアリング組立設備」等々を建設当初から川重が納入しています。

広告

yokoG について

Photo and video editing is hobby. I have enjoy to youtube and vimeo.
カテゴリー: 横G パーマリンク