新型ジャパニーズ・エアフォースワン

日本政府の次期政府専用機に選定された「ボーイング777-300ER」の政府専用機は、
次の三要件を条件に選定されました。
(1)アメリカ東海岸への直航が可能なこと。
(2)天皇陛下や内閣総理大臣の輸送に必要な装備(貴賓室、執務室、秘匿通信機器等)と
随行員、乗務員等の座席を確保できるスペースを有すること。
(3)将来にわたって国内で民間航空会社等による整備体制が確保される見通しがあること。

選定作業で候補に挙がっていたボーイング中型機「787」は貴賓室や首相執務室、
随行員などに必要な十分なスペースの確保が難しいと判断され、

エアバスの大型機「A350」は777と同様に米東海岸にノンストップで飛行できるが、現行機がボーイング製であることや強固な日米同盟関係を象徴する事から米国製が望ましいと判断した模様で、

2019年度から運航を開始する次期政府専用機の塗装デザインが関係者の間で関心を集めており、機体整備は今までJALだったが新型機はANAで行い、基地は空自「千歳基地」常駐で特別航空輸送隊が運航する。

天皇陛下や首相らが外国訪問に利用する「日本の顔」にふさわしいものとして複数案が浮上。後継機の誕生を機に「日の丸」カラーのデザインが一新。スマートで見たいですね。

動画はyoutubeからリンク

広告

yokoG について

Photo and video editing is hobby. I have enjoy to youtube and vimeo.
カテゴリー: 横G パーマリンク