明日25日から02日までの天気予報

気象予報士Kasayanのお天気放談』のページより(リンクフリーなので掲載しました)。

先ず、24日から26日までの予報(図は地上と500hPa)

24日から26日

24日から26日

日本付近は高気圧の晴天域優勢ですけど、明日から明後日(25日)にかけて北日本を寒冷前が通過。そして、悪天パワー(地上の低気圧や雨雲を活発にする力)を持った上空の気圧の谷
(赤の点線:偏西風の南側への蛇行域)とともに、-20℃以下の上空寒気が東~北日本を通過することが予想されています。このため前線が通過するタイミングで、北日本では一時的に雨や雷。また、東日本では25日(土)日中、大気の状態が不安定になって・・・寒冷前線のシッポが残る関東周辺を中心に局地的な雷雨の発生が予想されます。

27日から29日までの予報(図は地上と500hPa)

27日から29日

27日から29日

上空の寒気が抜けて、東~北日本上空を好天パワー(地上の高気圧や晴天域を強めるチカラ)を持った上空の気圧の尾根(水色の点線:偏西風の北側への蛇行域)が通過。東~北日本は、高気圧に覆われて、晴天が続くと思われますが・・・西日本を、上空の比較的浅い気圧の谷が断続的に通過。地上では高気圧後面に位置するため、南東から暖かく湿った空気(暖湿気=雨の原料)が流れ込みやすく、沿岸を中心に雲がかかりやすく、局地的ににわか雨も発生。
そして、高気圧が東海上の抜ける29日(水)には、強い悪天パワーを持った上空の深い気圧の谷
(切離低気圧になる可能性)の接近と相まって、東シナ海で雨雲が活発化し、九州へと進んでくることが予想されています。これ・・・昨日の計算値と比較して、かなり悪目。
今日発表の週間予報では、29日~30日の天気マークが変わる可能性があります。

30日から02日までの予報(図は地上と500hPa)

30日から02日

30日から02日

30日(木)・・・上空の深い気圧の谷の東進に伴って、低気圧が発達しながら南岸を北東進。
太平洋側を中心にまとまった雨に。場合によっては大雨のおそれも考えられます。
ただその後・・・1日(金)~2日(土)にかけては、西~東日本を上空の気圧の尾根が通過。
好天パワーが降り注ぎ、西~東日本は高気圧の晴天域に。
代わって、北日本を寒気を伴う上空の気圧の谷が通過し・・・地上では寒冷前線が通過。
一時的に天気が下り坂に向うことが予想されます。

と、この様な天気予報をされておられます。こまめにチェックが必要でしょうね。

とても参考になります。天気予報士 Kasayanさん ありがとうございます。感謝。

広告

yokoG について

Paragliding, skiing, a photo and video editing is hobby. I have enjoy to youtube and vimeo.
カテゴリー: Weather タグ: パーマリンク

明日25日から02日までの天気予報 への2件のフィードバック

  1. シギー より:

    天気とは関係ないけれど、
    今、見つけたのですが、今年のコロンビアの大会のビデオ。
    アクロの彼が撮ってるビデオは 
    パラシュートを開いているパイロットとかも見えて おもしろいです。
    こちらがyoutubeのサイト

    いいね: 1人

    • yokoG より:

      シギーさん、これ凄すぎ!!!怖くて飛べない(笑)。
      ガグルがきれい(笑)。
      ネパール(ポカラ)でのガグル(デカイのが三つ)でビビリ、首が疲れました(笑)。
      もう沢山です(笑)。

      いいね

コメントは受け付けていません。