フランスでのパラグライダーフライトについてのご注意

フランスでは国の法令によって外国人インストラクターのフランス国内で生徒引率に制限があります。フランスのDEJEPS(パラグライダーインストラクターライセンスの一つ)所持者の同行が義務づけられています。

フランスでフライト計画する際は fratobee(福岡聖子さん) にご相談される事をお勧めします。

昨年(2014年)、外国人インスト ラクターの取り締まり強化の要請が、フランスのスポーツ省からフランスパラグライダー協会にありました。

事故が起こった時、違法行為になってしまうと保険が適用されません。                皆様の法令順守をお願いいたします・・・との注意が JHF から公示されました。

Air links 福岡聖子さんのHP

Air links 福岡聖子さんのHP

広告

yokoG について

Paragliding, skiing, a photo and video editing is hobby. I have enjoy to youtube and vimeo.
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

フランスでのパラグライダーフライトについてのご注意 への2件のフィードバック

  1. シギー より:

    何人までなら いいんでしょうね?
    フランス語話せるとOKかもね。
    ふだんから使う日本の無線周波数が
    海外と異なるためとかもあるかなあ?
    事故でもあったのかな?

    いいね

    • yokoG より:

      シギーさん、フランス国籍以外のフライヤー事故が多いからではないでしょうか?。
      いま日本国内で使用されているデジタル上空専用無線機ですが国外では使用できないそうです。理由は公的無線にデジタルを使用しているからだそうです。
      日本人が海外でパラ事故起こすのを数回見てますがとても大変ですね。
      海外フライトは充分注意し安全第一で楽しみたいですね。

      いいね

コメントは受け付けていません。