日本一の田んぼアート

TTさん・WAさんと三人で青森田舎館村にある日本一の田んぼアートに行ってきた。
素晴らしい!の一言です。 日本全国からバスツアーで大勢の見学者で賑わっていました。
今回の田んぼアート上空をモーターパラグライダーフライトするにあたり、黒石警察署及び田舎館村役場の方々からご協力いただきました。
あらためてお礼申し上げたい。
また、JHF青森県連会長はじめ県連理事のお二人にも終始サポートしていただき感謝です。
 
広告

yokoG について

Photo and video editing is hobby. I have enjoy to youtube and vimeo.
カテゴリー: パラグライダー パーマリンク

日本一の田んぼアート への4件のフィードバック

  1. より:

    >おさるさんへ
    田舎館村のパンフレットをシッカリ見ますと(いまさらですが・笑)、
    縦143m×横104mで、使用している稲は「つがるロマン」「紫稲」「黄稲」「紅都」「色素の薄い稲」だそうです。
    古代米の色は濃い紫色でした、多分「紫稲」なんでしょうね。
    食するかどうかは聞きませんでしたが、農業試験場が試作したので多分食べられると思いますが米粒の大きさがどうなんでしょう。
    米粒に着色はしてないと思います。
    来年も行くつもりなので聞いときます(忘れると可能性”大”ですが・・・笑)。
     

    いいね

  2. 芳子 より:

    すごい!全てお米なんですね!!古米の黒は見たことあります。稲のときにすでにこんなに真っ黒なんて初めて知りました。収穫の後はやっぱり食するんでしょうか???青や水色のご飯って見てみたいです。お米自体は普通に白なんかな~???

    いいね

  3. より:

    >おさるさんへ
    稲の種類ですが、黒色は古代米・黄色と白色は青森県農業試験場がこの為に開発した稲なんだそうです(役場の開発担当者談)。
    この他にも青色や水色などがあるそうです、凄いですね!。
    全国の自治体から問い合わせや訪問があり質問されるそうですが企業秘密だそうです。
    それにしても素晴らしい、関係者の努力の賜物ですね。

    いいね

  4. 芳子 より:

    田んぼアートって初めて見ました。田んぼの上にはっきり絵が浮かんでてすごいですね。緑の部分は普通の稲ってわかるんですけど、黄色や黒なんてどうやって色を出してるんでしょう???

    いいね

コメントは受け付けていません。